Sweet & Spicy  -in ポルトガル

だいすきなポルトガル生活 家族3人 頑固一徹イギリス流に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cupcake day ポルトガルの英語スクールにて

【Cupcake day @Pigu's English school】
この街で唯一の英語スクール 英語で参加できるスクールのイベントを待ちに待ってのson
今回で2回目のイベント参加 先生が英語で話かけてくれるし 何よりスクール内では英語を堂々と話せるから!
だね ・・きっと。 笑顔いっぱいだったね~。

おうちに帰ってsonが教えてくれたんだけど カップケーキを3つも食べたんだってね♪
14021309.jpg


Cupcake dayと聞いてカップケーキを作るのかと思っていた私 出来上がったカップケーキにSparklesふりかけて
食べたら終わり という感じで ちょっと用を済ませようと出かけている間にみんな殆ど食べ終わってたー。。。


そして カップケーキを食べ終わったら英語でゲームの時間でした。
子供は全部で10人。 上はティーンのお姉ちゃんから小学低学年まで年齢はばらばら。4歳のsonは最年少でした。

ゲームのルールはダイスをふって 出た数 床に敷かれたカラー紙の上を進む。
とまったカラー紙にはシェイプが書かれてあり そのシェイプによって 
△はクイズ ☆はチャレンジ →3つ進む ×スタート地点へ戻る など。
クイズとチャレンジに正解すればもう1つ前に進めます。

クイズでは
What is your favourite food? とか What colour is the sky? What number comes after 4? とか
"What"から始まるレベルの質問です。

チャレンジでは
Say 5 animals in English や Say 3 words begin with "C"など。

・・・先生ははじめに英語だけで質問を読み上げるのでもちろん?子供たちはチンプンカンプン?!?!
「ポルトガル語で説明して~」「英語じゃわかんな~い」と言っている生徒達の中で
sonにとっては「ラッキー」な話よ~♪ 
14021307.jpg
最年少という事でちょっとした先生のひいきもありson第1位★でゲームは終了


先生がゲームの準備をしている間やゲームの後は少し自由に遊ぶ時間でした。
テレビのキャラクターのピングーの教材が使われているスクールでプレイルームにもピングーの壁紙
14021308.jpg
楽しい時にする変な顔↑ 楽しい(過ぎる?)と調子が出てこんな変な顔するんだよね。。。。

普段はポルトガル語の保育園で英語では話さずポルトガル語で話すように言われるらしい・・・
言いたいことも言えず 伝えたいことも伝えられず がんばっているだろうから
この場所はsonに気分休めというか 楽しめるスクールであって欲しいと思う私。

次の日 保育園にお迎えに行くと「今日もピングーのスクールへ行ける?」って聞くson
sonにとって英語のスクールは英語を学ぶ場所ではなく 英語で遊べる場所という位置づけになったみたいで・・
よかったぁ。。。 現在 簡単な言葉ばかりではあるけれど家庭内では3ヶ国語生活でがんばっているsonです。
スポンサーサイト

I want you...


04011302.png公園で見つけたかわいい落書き♡
こんなのって世界共通なんだなぁ。。。



キュん♡とか ググっ♡とか じ~ん♡とか・・・しませんか。。。

賢い脳の持ち主だけが読める!

これ↓ 読めますか?
100人に55人しか読めない(らしい)とか。


OnlyGreatMindsCanReadThis.gif




超摩訶不思議じゃありませんか?
要は最初と最後のアルファベットさえあっていれば 英語にスペルは関係ないのだとか。(ケンブリッジ大学の研究による。)

例えば 
理解する=understand を例に挙げると 最初のuと最後のdの場所は変わらず uesdnatnrd となっていますよね。
なぜなら=because でも同じくbcuseae 最初のbと最後のeの位置は変わっていません。

ごちゃまぜに見えるこの文章ですが 
単語を1つづつとってよくみると 全てこのように最初と最後のアルファベットだけが配列どおりなのがわかります。
そしてこの法則に従う限り 人間の脳はアルファベットを1文字1文字分別して読まないのだそうです。


・・・不思議ですよね。

パソコンで英語のお勉強

子供の考える力ってすごいですよね
我が子にはすくすくとわんぱくに育って欲しいと願う傍ら 
伸びる力をできるだけ伸ばしてあげるのが親の役目だと思っています

昨日ポルトガルの夕方のニュース番組で空手の国内大会の様子が流れていました そこで
私「わぁ かっこいぃね~ あんなのしたい?」
son「Yeah, I want to go there...and... do DANCE」(うん 行きたい。そこで...ダンスしたい)

ダンス・・・ha-ha... 帰国時に影響を受けた戦隊ものと忍者が大好きなわりには ちょっぴりFeminineなところ
そんなところもmummuyはだいすきだょ

とにかく子供がやりたいと思った事には事問わず 挑戦させてあげたいと思うのが親ですよね

私が仕事上コンピュータを使うのを見ているためか 日頃からsonによく
I want to play something on your computerと言われていました
でも子供がパソコンを触ってもしPCを壊したら仕事に支障をきたすし 買い替えとなるとこれまた大変




・・・でも 子供がやりたいと言う事の芽を摘んではいけません



そこで頑固イギリスにこだわる我が家
私が子供英語の教材としてよく利用しているBritish Council(英国の公的な交際交流文化機関)のサイト
Fun Gamesの中から今日はPaint it! ぬりえをしよう!のページを一緒にしました
BC01.png

Paint itのメインページから好きな絵柄を選びます。
(写真左が乗り物・右が公園、その他に海のいきもの・ビーチなどあり)
好きな絵柄を選ぶと その絵と左下にパレットが表示されます。
(例:写真左では乗り物を選びました。)
下部にPaint ○○○(塗るもの名前) ○○(塗る色)と表示され 同時に音声が流れます。
マウスが筆状になるので その筆をパレットへ移動→指定された色の上でclick 
そしてその色のついた筆を指定されたモノへと移動→click
(例:写真右では公園を選び滑り台と雲梯を塗り終えています。そしてPaint the swing blue.と音声が流れているところです。)
音声と表示の指示に従って 3~4を塗り終えるまで繰り返します。
(間違ってもTry againと音声が流れ何度でも挑戦できます。音声も繰り返し聞けます。)

英語に自信のない保護者の方たちも とっても簡単にお子さんと楽しめます
音声付きなので「次は何の何色」という部分を読んでくれますし 
音声はイギリスの正しい発音なので子供にはその正しい発音が耳に入り リスニングも同時にできます
身近なものが題材とされているので実用的なところもいいと思います

480
ではコンピュータやアプリを使用したゲーム感覚的学習も従来の学習法に並びかなり普及してきています
今日はこの他にもいくつかゲーム感覚でできるお勉強をしました
sonは「I want to do more」ってなんだかお勉強好きになっちゃって・・・ mummyは嬉しいです

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Current Time in Portugal
Weather Today
Profile

twopeasinapod

Author:twopeasinapod
太陽さんさん・突風ときどき・毎日荒波のシルバーコーストでだいすきなsonとfiancéとのんびり気まま・・・なポルトガル生活を送っています。 

Visitors
Thanks for your visit.
Flag Counter
Search
fc2 Blog rankings
Sweet & Spicy -in ポルトガル
BlogMURA rankings
ポルトガル
Twitter(日本語)で「ポルトガル」が話題になったツイートをピックアップしています。

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。