Sweet & Spicy  -in ポルトガル

だいすきなポルトガル生活 家族3人 頑固一徹イギリス流に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Autumn's here -秋がきた

最近たいていのBed time storyでは Children's Encyclopedia(子供用百科事典)を読んでと言われる。

可哀想に・・。子供なのに百科事典が読み聞かせ?」と思われるかもしれないが 
3歳を過ぎると毎日がなぜなぜ・どうしての連続で 「わが子はエジソンではないか?」 と思えるほど
質問攻めに合い 日々の生活を送ってきた。

最近ではその質問の内容もレベルアップして 時々は答えに困ることもでてきた。

そこで考案したのが 百科事典の購入。
購入後の反応は  →餌にかかった魚。 食いついてきた!

大人になって忘れたことや 以外に知らなかったこともなども載っていて私自身も結構楽しみながら読んでいる。
 -くじらは姿がみえなくても 吹く潮の形でどの(種類の)くじらかがわかる とか。


 -In the autumn, the leaves on the trees begin to turn red or blown and die.
 -秋になると葉は赤や茶色になって落ちる。 (項目 -四季より)

昨日 公園に行ってみると 木々の葉が黄色に変わり 茶色の落ち葉もたくさん落ちていた
とそんなアーティスティックな色彩のない私に「秋」を教えてくれたのはsonだった。

Mummy, colours of the leaves are changed.」 -葉っぱの色が変わってるよ。

28091201.jpg

とうとう 嫌でも受け入れなくてはならない現実 ・・・秋がそこまで来ている・・・。いやだなぁ。




今日はTocha(トシャ)のビーチへ行ってみた。  ・・・がらん・・・
tochabeachseptember.jpg

さすがにもうサンベイドしている人もいない。 パラソルも突風で破れかぶれで放置されていた。。。




トシャのビーチフロントに並ぶ 高床式で特徴のあるビーチハウス。
トシャのこの風景がとってもすき。 ダーク・ブラウンの木造物がかっこいい。どこか新鮮味を感じる。
tochaseahouse.jpg

もう借家をレンタルしている人もなく これからの長い秋冬を越す心準備をしなさいと念をおされた気分になった。
とは言ってもポルトガルの冬はそれほど長くない。 10月いっぱい暑い年もある。3月に突然夏がくる年もある。
(ただ常夏に憧れて年中長袖のイギリスから温暖なポルトガルへ移住してきたから寒くなるとグチがよくでる。)



今年の夏はまだまだ長いだろうと予想して この間せっかくアマゾンUKでショッピングしたばかりなのに。。。
amazonsep1203.png

せっかくのサンダルも私とsonは来年まで取りおきになりそうだ。
体感温度の違うウチの外人は 年中ショーツにサンダルなので問題はない。



昨日の夜 sonに靴下を履かせようとしたら「そんなに寒くないだろう」と年中素足の人に言われた。
私が「sonに靴下を履かせる」という行動 「秋なのに靴下を履く」ことがネガティブなんだといった目をしていた。 
冬になると彼との関係も下降線にある。

今年はグチらずに冬を越してみたい。 頼りがいのありそうな暖房器にも目をつけている。
 -お金で買える幸せはお金のあるうちに買った方がいい。(ポルトガル移住生活私的論)



スポンサーサイト

中古車選びと青空展示場

移住時に個人購入したプジョーの調子が悪くなっってきました。
92年式の17万キロ超えなのでサヨナラするのは淋しいけど そろそろ寿命なのかもしれません。



中古車ディーラーもたくさんありますが 窓ガラスに電話番号が貼られた車も「中古販売中!」
大きな駐車場や広場が青空展示場になることもしばしば。

試乗や金額は電話にて。 気になる車がみつかれば交渉の始まりです。
advercar01.jpg


自家用車だけではなく 商業用も並びます。
advercar02.jpg



誰からともなく始まった青空展示場が定着し始めると 商業広告車も参入します。
(電化製品と広告デザインの宣伝車です。)
adver02.jpg





可動式広告もあります。 どっちのレストランへ行ってみたいですか?
美味しそうなシーフード料理の写真付き(左) vs モダンなデザインの日替わりランチ7.5ユーロ(右) 
adver01.jpg

伝統的なロータリーや高速などで見かける いわゆる看板広告がありますが
可動式なら宣伝のロケーションも選べ 商業用車としても利用でき ↑広告費用も抑えられるので一石二鳥ですよね。




車の個人売買は他にも地元紙や掲示板サイトでも行われています。
今日は掲示板サイトに載っていた1台を試乗してきました。ものすごく退屈な見かけだけど頼りがいのある
あれにしよ~かっ と家族みんな賛成でほぼ決まりそうです。


ピクニック広場の開拓とgoogle map

sonが生まれてくるまでは 気の向くままに足を伸ばしてみてはポルトガルのsceneryを楽しんでいたものです。
sonが生まれてきてからは 楽しみを我慢しているのではなく それ以上に子供の喜ぶ顔がみたいとか 
親の想像で子供の喜びそうな場所へ出かけたり 子供中心の生活をしています。


最近のsonはピクニックがお気に入り。
そしてピクニックの後は ダディと男同士ミニ探検をしたり ダディのスポーツ論に耳を傾けるのが楽しいらしい。

最近では週末になるとダディにsonを盗られるようでちょっと淋しい。



そして今週末「水の眼」へ行った翌日もピクニックをリクエストされ 新しいピクニック広場の開拓にgoogle検索


すると・・・ある ある。

Paul de Arzila

Paul de Arzilaにピクニックのマーク。

コインブラ(A)の街と比べてもなかなか大きそう。

もうココだ!と直ぐに決まり期待をいっぱいに出発。



そして・・・到着。。。
日曜日だというのに駐車場には車1台も停まっていないし 案内所は閉館している様子。。。

静まりかえり寂れた入り口の案内板 PARQUEと書かれた古~い木の看板通り坂道を下って行くと・・・



ありました。
こうここが最後に栄えていたのはおそらく90年代 間違ったら80年代かもしれません。 

16091203.jpg



ここも小高い丘の上にある自然公園。 そして ピクニック広場の下段には看板の基礎だけが残っていて
なんだかこの赤土とカラカラの空気が西武劇の時代へタイムトリップでもしたような気分になりました。
16091204.jpg





周辺には 緑が広がりとても美しいsceneryなのに。。。
16091205.jpg

きっと ここはコインブラのショッピングモールや近代化の流れで人の足が遠のいたんでしょう。



この日のドライブ風景はこんな感じです。内地ではもうすっかりHarvest(収穫)色一色。 
16091206.jpg

そして(写真左)このすすきの後ろにはとんびのような鳥が(実は)いるのですが
フィゲイラからコインブラ間にはbirds of prey猛禽類(もうきんるい)もたくさん見られます。

子供たちの未来を考えるような歳になり 自然公園が閉園されたこんな姿をみのは寂しいです。


それにしてもgooogle mapももうちょっとアップデートされてて欲しいわ。あんだけ期待して迷い迷いやっと着いたのに・・・全然マップと違うじゃないかーっっっ。
帰り道sonに「今日は楽しかった?」って聞いたら「Not so much!」ってはっきり言われたし。(子供は正直ね。)


Olhos de fervença -水の眼

Olhos de fervença (Eyes of water) へピクニックを持って出掛けました。
ここはコインブラ地方の Cantanhede自治体 Cadimaという教区にあり フィゲイラからは車で30分ほど。
北のミラのビーチへ向かうか迷ったうえ 今週末は避暑感を楽しもうと内地へ向けて車を走らせました。
(夏の間中 馬鹿の一つ覚えのようにビーチ通いをした我が家もやっと内地へ足を伸ばすようになりました。)

この敷地内には公用のBBQ専用台もあり 炭と食べたいものを持参すればBBQが楽しめます。
下段はピクニック広場になっていますが 夏はBBQ広場が人気です。
15091204.jpg

ポルトガルにはこのようにたくさんの緑に囲まれたBBQ広場がたくさんあります。利用は無料です。


この広場は小高い丘の上にあり 丘を下ると小さい川が見え その川に架かる橋を渡ります。
15091203.jpg



そして少し歩くと砂地の対岸に着きます。対岸からはBBQ広場の隣りに建てられたカフェとそのテラスが見えます。
そのテラスからはエメラルドグリーンの色をした不思議な水・・・が眼下に広がります。
15091202.jpg



そう ここはOlhos da Agua (水の眼)とも言われ自然の水が湧き出る泉があるのです。
水の清らかさはエメラルドグリーン とても穏やかなこの水場は子供に絶好の遊び場でした。
15091209.jpg

この日は朝からスーパー戦隊のCDを狂ったように聞いてたためsonのポーズはきっとその関係です。。。

遊び相手になってくれたお兄ちゃんのおかげで楽しくてしょうがない。 気がついたらあっと言う間の6時でした。
不思議だとも思ったのが日陰でも夕方の6時でも水がそれほど寒くなかったということです。なぜなんでしょう。。。



ここOlhos de fervença の施設はこの土地の自然の泉を利用して近年建てられた施設のようです。
こんなに綺麗な水が数十年後もこのままであって欲しいなと思います。
OlhosDFerveca1-1.jpg

写真olhosdaguaウェブサイトより


montemor-o-velhoのフェスタ part 2

【闘牛との出会い】
montemor-o-velho城でピクニックをしていると城下に見える市民広場が賑わっています。
そして耳をよく澄ますとちょっとラテン気味た トランペットの奏で
ポルトガルでは夏場が闘牛の季節です。 どうやら闘牛が開催されているようです。

08091211.jpg


闘牛なら見る気はないけど 覗いてみるだけ覗いてみようということになり偶然出くわしたマーケットでは
なんとも言えない熱い市場の雰囲気を味わうことができました。(前回の記事


そして・・・

17時にショーが開始されていた闘牛場から たくさんの活気あふれる手拍子と喝采が聞こえてきます。
ポルトガルの闘牛には反対派で 住みついた土地の風習を受け入れない頑固一点張りの私ですが
この時のatmosphere(雰囲気) そして闘牛場の外までもムンムンと伝わってくる熱気に悪魔が刺しました。

08091210.jpg


各入り口に立つスタッフに「数秒だけ見せてもらってもいいですか?」と聞くと あっさり「OK」

階段を登り・・
観衆の熱気に包まれ・・・
切られずにはいらなかったシャッター・・・・・
場の雰囲気というものは凄いですね。 このatmosphereに一気に吸い込まれ釘付けになっていました。
1分もいなかった闘牛場の観客席近く階段口で 気がつけば数回にわたりシャッターを切っていました。
(帰宅してみるとポストカードのような写真が撮れていたのですが やはり見ればそのたび心が痛みます。
そのためフォーカスぼけ加工をしました。)

08091214-15-16.jpg






闘牛場のすぐそばでは こんな風景も楽しめ
08091212-13.jpg


ポニーにも触れる機会を得て 暑さに「もう歩けない」sonもアイスクリームで元気になり
08091218.jpg



想像にもしなかった1日を送りました。
もともとの予定だった赤とんぼの群れにも出会い 少し秋の気配を感じました。


★隠し写真と注意★
お気づきの方もおられるかと思いますが1枚目の写真の上にマウスを移動させると今回の闘牛場での1枚の写真が現れます。見られたくない方はマウスを移動させないよう気をつけてください。

montemor-o-velhoのフェスタ part 1

montemor-o-velho城のふもとで行われていたフェスタに偶然出くわしたので覗いてみました。

ならではのごった返しで闇市っぽい雰囲気が漂っています。
08091201.jpg


「いい匂い~」お昼を過ぎた頃ですが既にディナータイムに合わせてBBQがまわっていました。
08091205.jpg


今日もまた暑かったのでチャリンコのかわいいアイス屋さんが大繁盛。 
男衆はみんなバーでぐいっと一杯ひっかけてていたようです。
08091206.jpg

(「写真撮ってもいい?」って聞いたら「俺の?」みたいな顔をして勘違いしたアイス屋のお兄さん。ブログの事を話したら「俺、写真撮られたんだぜ」って今度は隣りの同業のおじさんに自慢。キャラがサイコーでした。)


「素敵なアフリカ雑貨だわ~」と目を向けると シャネル・グッチ・ヴィトン etc.に大量でカラフルなサングラス
この周辺では闇のルートでやってきたモノたちがぎっしりと敷き詰められていました。
08091202.jpg


マーケットも終わりに近い人気の少ないところでは農作業用車 リペアできるなら買いたかったバイクなど
08091204.jpg

またガラクタ市とは違った雰囲気で新中が交ざり合ったマーケットでした。


広い敷地の中にはBBQ広場もありランチを終えたポルトガルのお爺ちゃん衆が その辺にゴロゴロzzz
ポルトガルの田舎では週末を家族総出で過ごすことが多いようですが若いもんに付き合うのもラクじゃない。 
こうやってお年寄りも夜更かしができるわけなんですね。
08091207.jpg

でもお爺ちゃん衆が寝ているそばで お婆ちゃん族は流しで洗いものやテーブルの片付けをしてる・・のを見て・・
「ポルトガルの嫁じゃなくてよかったぁ・・」。



今日はトンボを見にmontemor-o-velhoへ出掛けました。何万匹ともいえる数の赤とんぼたちが今年も元気に
飛んでいました。 次回は更なる偶然 闘牛との出会いをアップする予定です。愛護家の私が・・・(つづく。)


ポルトガル・ビーチでのランチ

夏休み最後の週末 フィゲイラの隣り町 ブアルコシュからの眺めです。
この2ヶ月余り写真のようなギュウギュウ詰めが毎日続いていました。見ているだけでも隣りの人の汗の臭いか
強烈なデオドラントが香ってきそうです。。。

buarcos12summer01.jpg


人口6万人ほどの小さな街に これほどのホリデーピーポーが訪れるので経済効果があってよさそうなのですが
先日の国内ニュースではフィゲイラのレストランの多くは経営不振とのこと。
(田舎には洒落たレストランも少ないので・・・「田舎料理ばかり毎日食べてられるもんかいっ!」
と思うのは我が家。舌の肥えた都会のポルトガル人も正直同じ気持ちなのかもしれません。)

フィゲイラはファミリーのホリデーとして人気があり キッチンの付いた貸し家や貸しアパートメントが多いため
観光客は出費を抑えるためにも外食は控えめにしているのが現状のようです。


そしてこのようにして 滞在時は開いているパラソルとwindbreakを(写真上 ブルー参考)
0609121-3.jpg

(写真下 赤い方)ランチ時には閉じて お砂場セットなどを中に入れ 手軽にのんびり滞在先へ
長~いランチ休憩+昼寝付きを取りに出掛ける人が多くみられます。
(もちろん 我が家のようにピクニックを持参する人もいますが 日本のようにBBQをすることはまずないです。)




今日はお出かけ途中 いつもの薬局の掲示板をみると 正午近く 気温35度でした。
9月に入り湿気が少し増えたせいか 7・8月よりも蒸し暑さが感じられるようになり体感温度は高い気がします。
それでもアジア各圏と比べると湿気は全然少ないためか室内施設でもクーラーのききが悪く ショッピングへ出かけても涼しさは感じられないので 今日もまたビーチへ出掛けました。

まだまだカンカン照ってきて暑いです。
06091201.jpg




ポルトガルの陽ざしは強く ヨーロッパ人に比べ日差しに強い日本人の肌(自黒の高知人の私)でも
数時間だから・・・と油断してビーチに肌をさらけ出していると翌日は大変なことになります。

そして ここ周辺では風が強い日が多いので風除けもないとリラックスできないかもしれません。
数日のビーチホリデーならビーチハウスやパラソルとチェアーのセット・レンタルが便利かなと思います。
いちいちパラソルをたたんだり 重たいwindbreakを持ち歩く必要もなく済むのがいいですね。
 

Jardim Municipal -がらくた市

市民のガーデンの中にある公園に行ったら ちょうど骨董市が開かれていました。
私がピジョン・パークと呼んでいるこの公園は鳩が多いだけでなく 鳩小屋があるのが以前から不思議でなりません。


01091201.jpg



入り口では こんなマリア様が迎えてくれていました。
01091203.jpg

(マリア様の足もとに置かれているロブスターやカニの陶器は多分ポルトガルの有名な陶器。名前忘れました。)


ここはきっと骨董市なんだろうけど ガラクタ市としか言いようがない。。。
01091207.jpg



ポルトガルの市と言えば 定番のポルトガルのレースはもちろんあります。
01091205.jpg



少しは骨董市らしいと思わせてくれたベンフィカの年代ものチーム写真
01091204.jpg



あめりかから来ただろうおもちゃたち
01061208.jpg



このガラクタ市での 今日のお気に入りはこれでした。
01091202.jpg


ガラクタと言いながら結構 気になるものもあったりして。。。
でもガラクタを集めると家が古い臭くなるので今の家には置かないことにしています。



かっこいいと思ったいバイクにはこんな色が似合っていると思いました。
01091206.jpg


« »

09 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Current Time in Portugal
Weather Today
Profile

twopeasinapod

Author:twopeasinapod
太陽さんさん・突風ときどき・毎日荒波のシルバーコーストでだいすきなsonとfiancéとのんびり気まま・・・なポルトガル生活を送っています。 

Visitors
Thanks for your visit.
Flag Counter
Search
fc2 Blog rankings
Sweet & Spicy -in ポルトガル
BlogMURA rankings
ポルトガル
Twitter(日本語)で「ポルトガル」が話題になったツイートをピックアップしています。

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。