Sweet & Spicy  -in ポルトガル

だいすきなポルトガル生活 家族3人 頑固一徹イギリス流に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バチが当たった日

お給料を稼いでくれる人を放って 可愛い息子と2人だけでちょっと贅沢デートしようなんて
プランを立ててお出かけをした日曜日 やっぱりバチが当たりました。

目的地を直前にしてガソリン漏れ。保険屋さん呼んで車と私たちは助かったものの 
小さな恋人とデートで予定していた
1.) ジャパニーズ・レストランでのランチ 
2.)大きなモールでのショッピング 

3.) 美味しいと聞いたTentugalのカフェでのおやつプランはおじゃんになってしまいました。


あー でもガソリン漏れと気付いた瞬間から15分くらいの間はめちゃくちゃ怖かったぁ。
ガソリンだと気付いて車を停めたら 即座に財布と携帯 保険証と子供を抱えて安全な距離まで逃げてたわ。

よく映画にあるような爆発シーンとかが目に浮かんできて 周辺をくわえ煙草して歩いてる人とかに大声で
「キケンでーすっ。」って叫ぼうかとも思ったこと。

でも私 ガソリン漏れに気づいて車を停めたのがコインブラ郊外のリテイル・パーク
保険屋さんに電話をしながら 1.) カフェでコーヒーとドーナッツ 
ッカー会社が来るまで 2.) クリスマス・ショッピング 
タクシー待ちに 3.) ランチ と今思うとかなり能天気に過ごしていました。

その他にも家にミネラル水は十分あったか?とか最悪のシチュエーションを想像したりなんか・・ でもあっさりと・・
車なくて隣り街の大きなスーパー行けなくても 近所の店で缶詰と水くらいなら売ってるから飢えはしないわ と。

********** ********** ********** ********** **********

代車のないポルトガルで保育園の送り迎えを徒歩+自転車している日々。

私は日本の友達にどんな所に住んでいるのかと聞かれればいつも「昭和」っぽい所と言います。
これを見たら「ポルトガルに行ってみた~い」なんてあまり思えないかもしれません。
・・・シビアかもしれないけどこれがリアルな我が家周辺の日常の景色です。
04121202.jpg


道は狭くてほとんどに歩道がないし 歩道があってもぽっこり穴が・・なんてことも 
建設予定の土地が売れずそのまま放置された荒地や建設途中に資金不足で中断されている建物
素人仕事のDIYが目立つコンクリむき出しの壁 とにかく中途半端な仕事がそのままです。
04121203.jpg

むき出しと言えば電信柱と電線も結構古いのが昭和を思い出させるのかもしれません。。。
今の子供には「トタン屋根」って言ってもパッとこないだろうけど トタンもたくさんあります。


私はポルトガルの土地がだいすきになってこの国に移住しそのことに後悔はありません。
でもこんな光景で暮らす毎日では退屈なのでたまにはグチることもあります。 パートナーには
「太陽がさんさんと降り注ぐこんな美しい国に住んで お前はいつもグチや嫌悪感ある態度だ」
って言われることもあるけど この国を悪く思っているのではなく
・・これが現実なんだと感じたことを口にしているのだけど。。。
どこに住んでも いいことも嫌なことも両方ありますよね。。。(今日の記事の風景は嫌なことの方でした。

04121205.jpg

帰り道公園に寄り気がついたら真っ暗になってました。
スポンサーサイト

Comments

 
良かったです、無事で~
ガソリン漏れって聞いて、車に詳しくない私もドキドキしちゃいましたよ~
ガソリン漏れと気付いた瞬間に素早い行動
凄いです~
とりあえず、必要最低限のものと大事な子供ですよね。
息子君とのデートはいけなかったけど、無事だったからこそ次回への楽しみにもなりますよね♪
車がなくても最低限の買い物も近所で出来るのが不幸中の幸い!!
本当によかった~

ポルトガルは代車がないんですか!!
それはとっても大変!
車が無いと、小さい子の送り迎え&お買い物は本当に大変ですよね~
日本では歩いてって言うのも普通だったけど、海外ではさすがに・・・ですよね!

日本に住んでいるお友達に今住んでいるところの話をするとビックリされますよね~
理想(想像)と現実の違い!
世界には色んなところがあるんだなぁ~って本当に思いますよね。
綺麗な街並みで、道も整備されていて、生活するのに何も問題がないところってすばらしいと思うけど、それだけじゃないですよね~
人の温かさ、その街の雰囲気、とってもホッとして過ごしやすい、この街が大好き、そう思えることが一番ですよね♪
いくら素敵な街でも冷たい雰囲気の街には魅力は感じませんよね
と言いながらもやっぱり愚痴りたくなる気持ちもわかります~
が、愚痴と言うか感想?日常会話?的なことになりますよね~
そういえるのもポルトガルが好きという強い気持ちがtwopeasさんの中にあるからですよね!
とっても素敵だと思います♪

息子君と暗くなるまで公園で遊ぶって素敵です~
息子君のとっても楽しそうな笑顔が素敵ですね♪
 
怖い思いをしましたね

小さな子供を抱えていると 母は強くもなりますよね
子供の気持ち考えますものね

そういえば ここも歩道ってろくにないですね
車での移動も多いし 歩く人が少ないこともありますが

ハイゥエイ、、、と言っても田舎道ですが、、、

そこにも歩道がないので 車が早くはしることもあり
歩きにくいです
以前 その道を決まり通り 車と反対車線を歩いていた人を居眠り運転をしてしまった知人が跳ねてしまったことがありました

キスは 主人からなら OK ですが
他の人からが、、、、駄目  です
義母には 悪いなと思いながらも ほっぺにしてもらいます、、、
 
本当に大きな事故にならなくて良かったですよ~
車の故障ではないけれど、
日本ではつい先日トンネルの崩落で大変痛ましい事故が起こったばかり。
なんだか他人事っぽく思えないです。

今の家のまわりは、ホント、なんにも無くてつまんないところ。
前の所は田舎なりに楽しくて、住めば都と思ってたんだけど。
今住んでいる所は、町もマンションも、なんだかなぁ。
夕べもナゾのウ○チ臭事件というのが起こり、お互い原因はアンタだろう!って。
配管に原因がありそう。

あ、話がズレちゃった。
バチなんか当ってないよ~。
sonくんが小さいうちに、めいっぱいデートを楽しんで!!
 
ガソリン漏れだなんて、分かった時は怖かったですね~。
咥えタバコの人に叫ぼうとしたって話、想像したら不謹慎ながらも笑ってしまいました。ごめんなさい。
でも、もし叫んでいたら、周りも大パニックですね。笑
でも、お二人が無事で良かった。

旦那のいない時の息子との贅沢デート、それ分かります。うちも一緒。
離れて日本に居た時は、毎日二人で遊び歩いていました。
一生懸命働いている旦那には悪いけど、息子と二人だけの秘密の大事な時間ですよね~。

twopeasさんがポルトガルの日常の景色を「昭和」って表現してたの、実は私と全く一緒です。
ウラジオストクは人口と車の数は多くて、私の実家に比べたら大都会のようにも聞こえるけれど、建物や道の風景や、生活のやり方や人の考え方なんかは、まだまだ後進国。日本人にどんな国?って聞かれると、まさに「昭和」って答えてます。
私にはそれがまだ受け入れられないみたいです。いつになったら馴染めるのか。。苦笑
akiさんへ。 
お返事遅くなりごめんなさい。

そうなんです。私も車には詳しくないのでガソリンの匂いに気付いた頃からもう心臓がドキドキでした。でも息子は後ろの席で寝ていたし、私が慌てて動揺させてもいけないしとか、反対に慌てなくて手遅れになってもいけないし、とかほんと色々考えました。もうとにかく無事だったことが何よりだと思ってます。

息子とのデート:当分の間、2人での遠出は禁止令が出ています・・。

> ポルトガルは代車がないんですか!!
 -アメリカではどうなんでしょう?! アメリカこそ土地が大きいから買い物はもちろん、車だと直ぐのところも遠くて大変なことになりそうですね。

> 理想(想像)と現実の違い!
 -現実を知らない人には「外国に住んでるのいいな~ぁ」とか簡単に言われますよね! 雑誌やテレビで出てくる世界とは違う世界も沢山あるし、日本(or人)に対する偏見の目(アメリカにはないですか?!)とか、暮らしてこそ分るもの、仰る通り「理想」ばかりではないですよね。
 -そぅ、何もが綺麗に整備された街って心配なく快適に暮らせそうですよね(←想像では)。で、ここでは犬のう○ちやロバの糞、畑のドロ・・神経使っちゃうんですよね・・。
そして確かに、人が集まる都会は素敵に見えますね~♪ 便利さも魅力ですよね~♪
でもそぅ すきと思える街で暮らせることって幸せなことなんですよね。

 -ありがとう♪ ここは寒いイギリスから移ってきた私達には南国です。でもポルトガルにもそれなりの冬が来るという現実も受け入れなくてはいつまでも中途半端なまんまで・・。いつも日本やイギリスと比べるから馴染めきれてない気もしています・・。だいすきだけど未だ馴染みきれていなくて、もっと努力が必要なんだと自覚はしてます・・・(恥)


夜ご飯をお昼の間に準備してれば毎日でも暗くなるまで遊んでいられるんでけどな♪ とは言え私は結構手抜きの夜ご飯をしています(笑)
Re: はちきんイジーさんへ。 
お返事遅くなりごめんなさい。

> > 怖い思いをしましたね
>  -結構能天気に買い物はしましたが、気付いた瞬間それはそれは怖かったです。仰る通り、息子を産んでからは何よりもこの子を守る、という気持ちで強い母になったと思います。
>
>
> > 以前 その道を決まり通り 車と反対車線を歩いていた人を居眠り運転をしてしまった知人が跳ねてしまったことがありました
>  -歩道がない道は歩く方も気を使いますよね。今、ちょうど息子は自転車の練習中でもあるので歩道があれば
> 気分的にラクでもある気がしたりします。。。
>  -車と反対車線を歩く、のはこちらも同じです。でも角なんかでは急に歩行者が見えることなんてあったりして怖い経験したことも。。でも反対側を歩く方が安全な理由があるのですよね、きっと。
>
> キスの話。そうですよね♪ 旦那さまからのキスが苦手?だなんてそれもちょっとおかしな話でした(笑)
スノホワさんへ。 
お返事遅くなってごめんね。

> なんだか他人事っぽく思えないです。
 -車の点検なんて普段はしないよね、でも今回のことがあってもっと気を配らなきゃと思ったことだった。

> 今住んでいる所は、町もマンションも、なんだかなぁ。
 -そうなの~? マンションも住んでみるまではどんな住民があるか、わからないしね。

> 夕べもナゾのウ○チ臭事件というのが起こり、お互い原因はアンタだろう!って。
> 配管に原因がありそう。
 -スコットランドで4軒繋がり住宅のトイレの外の配管(?)がつまったことがあって、その時はオムツやらナプキンやら出てきた×2! 原因わかるといいね。
ちなみにポのトイレって結構たまによく臭うことあるよね(笑)

 -バチじゃないかな~。Karmaかな~? 

cannoさんへ。 
お返事遅くなってごめんなさい。

> 咥えタバコの人に叫ぼうとしたって話、想像したら不謹慎ながらも笑ってしまいました。ごめんなさい。
 -いえいえ、私もかなり怖い思いはしたものの、叫んでいいの?あえて大問題になる?とか、大爆発しちゃったら?とか色んなシーンを想像したょ。。。

> 旦那のいない時の息子との贅沢デート、それ分かります。うちも一緒。
 -だよね~♪ 私もcannoさんも同じ息子と2人での日本滞在があったし。私はその癖でか今でも2人でちょこっとカフェに行ったりとか、たまに2人で外食したくなったりとか、公園遊びとかとは別にデート気分になっちゃいます(笑) 

> twopeasさんがポルトガルの日常の景色を「昭和」って表現してたの、実は私と全く一緒です。
 -この間のご近所の写真思い出すとcannoさんの言ってる意味、分る気がします。
いつもの写真で見るウラジオストクは大きな都会に見えます。でも実際はそうではないんですね。でもそう言われるとそうなんだろうと、信じることができます。 きっとここに似てるんだろうと想像しています。
生活のやり方・人の考え方も後進国かぁ。みかけでは見えないことがたくさんあるんですね。

> 私にはそれがまだ受け入れられないみたいです。いつになったら馴染めるのか。。苦笑
 -私もまだまだ馴染んでいません。実は心の奥でちょっぴりブラジルや南米に浮気心なんか抱いちゃったりして(秘)  


« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Current Time in Portugal
Weather Today
Profile

twopeasinapod

Author:twopeasinapod
太陽さんさん・突風ときどき・毎日荒波のシルバーコーストでだいすきなsonとfiancéとのんびり気まま・・・なポルトガル生活を送っています。 

Visitors
Thanks for your visit.
Flag Counter
Search
fc2 Blog rankings
Sweet & Spicy -in ポルトガル
BlogMURA rankings
ポルトガル
Twitter(日本語)で「ポルトガル」が話題になったツイートをピックアップしています。

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。