Sweet & Spicy  -in ポルトガル

だいすきなポルトガル生活 家族3人 頑固一徹イギリス流に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mau Tempo -1日中停電の日

19日土曜日は朝から夜まで一日中 悪天候のため停電になっていらフィゲイラです。

この暴風雨は18日金曜の夜から大風が吹き始め もの凄い突風と大きな物音で寝られない夜を過ごしました。

この村はもともと北方の海からの風が強く吹くことがあるのですが 今回のは異常にも物音が大きかったため
6時半頃に起きた私 ネットで天気予報を調べてみると「大風に注意」とのこと。
リズボンでは記録的な大風になるかもしれないとありました。

が 前々日よりsonの体調がすぐれず寝つきの悪いsonの看病で疲れていた(と思う)私は二度寝。。。
8時過ぎに目を覚ました時には既に停電中。 
私より早く起きていたダディがコーヒーを作ろうかと思っていた矢先の停電だったとのこと。


我が家はオール家電といっていいほど電気に頼った生活をしています。

そしてオール家電の難点・・ 朝のコーヒーも入れられなければ ランチに温かいものが食べられないんですね。
幸いにも今年は大判振る舞いでガスのいいヒーターを買ったので寒さはしのぐことができまましたが。。。

そして
パートナーはどうせ1日ひきこもりだろうから せめて美味しいものをスーパーへ買い物へ行くと言い出しました。

「こんな風の強い時には瓦も飛ぶんだよ。」「予想もつかない所から何が飛んでくるかもわからない」と言う私に
自然災害の殆どないイギリスで育った彼は台風の大波を見に行くばか(若)者調子。
私が言っても聞かないことはいつもの事なので・・・こんな時はそのままにしておくしかないんです。。。

私の母は1960年のチリ地震により発生した津波を高知の港町で経験しました。
南米から2万キロ近くも離れた日本で約1日経ったあと早朝に起こった津波だったようです。 
母はみんなで裏山に逃げたという 災害の恐ろしさをいつも私に教えてくれてました。

台風の多い高知で育った私自身も何度となく停電や断水を経験したものでした。
そんな私は夜も停電が続くことなどを考え キャンドルやお水 缶詰・温めなくても食べられるものetc.を確認。

パートナーの買出しの間には前日体調がすぐれず体を洗っていなかったsonをシャワーへ
などなど もしもに備えて心準備をしていました。


そして・・・パートナーが長い買出しから帰宅。
「wow!! ゾンビが襲撃してきてゴースト化したタウンみたいだったよー」(←ゾンビ映画の大ファンな彼)
私 彼が帰宅するまではかなり心配したけどそんな言葉聞くなり・・・「やっぱりね・・」です。

いたる所で木が倒れ 看板が落ち 道路はふさがれ通行止め・迂回 消防団と警察がそこら中にいたそうです。

が幸いにも夜には電気も回復し 明るいもとで温かい夕食をむかえることができた我が家でした。

がここでもオール家電の落とし穴が・・・ 
電気は早く復興したものの 電話回線の復興までにはもう少し時間がかかりました。
ということで電話回線を利用して有料テレビを視聴している我が家はテレビが長くの間見られなかったのです。
もちろん電話回線=インターネットもダウンしていたので どちらからもニュースが聞けないのは不安でした。

そして翌日 「あぁ今日はアツ~いシャワーが浴びられるわ♪」って言う私に
「なんで昨日 浴びなかったの?」ってパートナー。
・・・なんでって停電だったじゃない。 「ばっかだなぁ。うちのシャワーはガスだろ。」
えぇーっっっ!!! そうなの? ガスなことは知ってるけど湯沸かし器に電気要らないの~? ・・知らなかったわぁ。
ってそんなことより自分はシャワーを控えsonだけ冷たい水でシャワーを浴びさせたなんて 酷い母親だわ。。。



今回の悪天候は雨もたくさん降りました。 風の威勢が強くポルトガル全国各地で風による被害を被ったとのことです。
mautempoptjan13_convert_20130121091837.jpg
 <写真は悪天候の様子を撮影した一般人から寄せられた192枚から抜粋 tvi24サイトより>
スポンサーサイト

Comments

大変でしたね 
うちも殆ど電気なので 停電になるとこまります
水も電気で パンプが動き トイレの’水が流れるようになっているので
最悪状態になりそう

今の所 長い時間停電になったことはないんですよね

子供の頃 宇佐で暮していましたが
なぜか 私の記憶に 庭に水が押し寄せた  そんな映像が残っています、、、が


イジーさんへ。 
> うちも殆ど電気なので 停電になるとこまります
 -トイレまで電気が?! それは大変なことになりそうですね。私も1日中というのは初めてで少し勉強にもなりました。

> 子供の頃 宇佐で暮していましたが
> なぜか 私の記憶に 庭に水が押し寄せた  そんな映像が残っています、、、が
 -この津波は須崎なのでそれはきっとこのチリ地震による津波の日では?! 宇佐ですか!2年前の帰国時にはお祭りや海水浴と宇佐へよく行きました。すきな町の1つです。
 
twopeasさん、大丈夫ですか?
読んでいても相当な被害を想像していたけど写真を見ると本当に凄い!
電気だけでも夜には復活してよかったです。
そして、何より、暖が取れていたのだけでも安心ですよね~
うちもオール電化なので、万が一の停電の時はホテルに避難しかないです
が、そのホテルも止まれなかったらどうするのかしら、この寒さってもう心配ですよね~

ご主人、無事に帰宅できて本当によかったですね~
私の記憶にある一番大きな自然災害は東日本大震災です。
ちょうど、旦那さんがアメリカに渡米した翌日でした。
新しいマンションに引っ越していて、出産前まで仕事していたって事もあるけど、お友達がいない状態、そして、実家も関東だったけど交通路が使えず、本当に心配でどうしていいかわからず辛かったです。
最終的には両親と旦那さんの会社の方で仲良くしてくださっている方が声をかけてくれたり家に来てくれたりして精神的にも少し安定したんですが、それまでの1週間、この子を守れるのは私だけ、と言う気持ちと余震の怖さで本当に怖かったです。
未だに、ネットを見ていて地震速報なんて出ると怖いですね~
自然災害って、一番怖いですよね~
だって、予想できないことが起こるし。
今回の嵐で電気は早々に回復して本当によかったって思うけど、街の完全復活はかなり時間がかかりそうですよね。
二次災害がないことを祈ります。
一日でも早く復旧するといいですね~
そして、被害の出るような自然災害は起こってほしくないですね~
 
うちも夕べまで断続的な停電がありました。
Leiriaではまだ100世帯が電気なしの状態だと、さっきカフェのテレビで見ました。
農業への被害もかなりなもんで、復興のためには莫大なおかねが必要、途方にくれてる農家も在るようです・・・ 
 
ポルトガル全土直撃だったんですね!!
海沿いの町がすごい事になってる画像を見たんで、大丈夫かなぁと思ってました。
直接的な被害がなくて良かったですね。

私の母は新潟沖地震で津波を見たそうです。波が引いて海の底が見えたと思ったら、巨大な黒い屏風がやってくるのが見えたと言ってました。山の上に逃げていたので、みんな助かったそうです。私も子供の頃から自然災害に対する恐怖は感じていて、避難袋はいつも用意してました。

台風の日はね、田んぼとかね、ダメっていうのに.....ねぇ。
友人が、ダメと知ってても、どーしても見に行きたくなるんだ、と言ってました。
(自分の田んぼじゃないのに...)
 
ポルトガルに台風が来ていたんですか!?文章や写真を見るだけでも、被害の凄さが伝わってきます。
twopeasさん家族が無事で何よりです。
自然災害は、人の力ではどうすることもできないから余計に恐いですよね。

私の実家、実は福島なんです。あの日、お腹にデニスがいて、ちょうど妊娠報告で日本に帰ってたんです。
幸い実家は山の方なので津波もないし、原発の影響も少なかったのですが、あの大きな揺れはとっても恐かったです。だから、自然災害の恐ろしさはよく分かります。

旦那さん面白いですね。お出掛けして、無事帰ってこれて良かった!
ロシアは地震の無い国なんです。だからあの日、一緒に日本に来てた旦那は、初めての体験に興奮して、地面に入った亀裂の写真撮影なんてしてましたよ。
無知って、ある意味コワイですね。。笑
akiさんへ。 
ご心配いただいてありがとうございます。
> 読んでいても相当な被害を想像していたけど写真を見ると本当に凄い!
 -そうなんです。我が家は村の中でも中心地なので周辺には倒れるような木もなく、そして小さな村なので大きな広告看板もなくよかったのですが。今回は古い木や看板がたくさん倒れてたようです。。
> 電気だけでも夜には復活してよかったです。
 -そうなんです。うちは回復が早い方でした。でもまだ不自由している方はたくさんおられるようです。。。
> うちもオール電化なので、万が一の停電の時はホテルに避難しかないです
 -akiさん宅もオール電化、つい頼ってしまいますよね・・でもほんと、ホテルまでの道も確保できなかったりとか、ホテルには定員もあるのが心配。特に子供がいると寒さも食事も大人の倍以上心配が必要だなぁと勉強になりました。
> ご主人、無事に帰宅できて本当によかったですね~
 -ねぇ・・もうイヤでしょ。

東日本大震災
> ちょうど、旦那さんがアメリカに渡米した翌日でした ~(省略) と言う気持ちと余震の怖さで本当に怖かったです。
 -そんな体験をされてたんですね。私、その年に札幌にいたんです。ニュースを見てもなかなかすんなりと現地の方々の訳に立つことが物運ばないのはどううしようもない気持ちでした。そんな不安な思いを2人で・・そんな1週間って長かったのでは。。。ご無事でよかった。

> 未だに、ネットを見ていて地震速報なんて出ると怖いですね~
 -私も息子もあの地震をライブ中継やその後のニュースで何度も見たので恐ろしさってあります。息子はニュースで悪天候の映像を見るたび、これはポルトガル?とかポルトガルいは来ない?って心配します。きと幼子心に津波の残ってるんです。。。
 -アメリカにはハリケーンやその他、こちらにはない災害もありますよね。今年は温かい地では雨が、寒い地では異常な寒波も心配ですね。本当、害の大きな自然災害は起こってほしくないです。
> 二次災害がないことを祈ります。
> 一日でも早く復旧するといいですね~
 -ありがとうございます。
ganchanさんへ。 
 -ご無事でよかったです。今晩もまた雨・風が強くて時折停電に。そちらは大丈夫でしょうか。。。

> 農業への被害もかなりなもんで、復興のためには莫大なおかねが必要、途方にくれてる農家も在るようです・・・ 
 -そうですよね、きっと。昨日、買い物に街へ出たら森林の木もかなりの数がやられていました。まだまだ雨続きで復興には時間もかかりそうですね。。。
スノホワさんへ。 
> ポルトガル全土直撃だったんですね!!
 -まさに、です。

> 海沿いの町がすごい事になってる画像を見たんで、大丈夫かなぁと思ってました。
 -写真、一番上はポルト、一番下左はナザレ、一番下右はフィゲイラです。フィのビーチ沿いには砂が入り込んできてるので当日はかなり荒れてたんだなぁと思ったこと。

> 私の母は新潟沖地震で津波を見たそうです。 ~(省略)私も子供の頃から自然災害に対する恐怖は感じていて、避難袋はいつも用意してました。
 -スノホワさんのお母さんも津波体験。ちり地震から来たっていうその津波も同じ。潮がぱぁ~っと引いていくのを市役所の人が見て、非難勧告が出されたんだって。昔の人は今のようなテクノロジーがなくてもノレッジで街の人の命を助けたって凄いね。そう、昔は翌日の服を枕元に置いて寝る、っていうのを覚えてる。(いつでもそれをもって逃げられるようにって)

> 台風の日はね、田んぼとかね、ダメっていうのに.....ねぇ。
 -愛媛では田んぼ?高知は桂浜。そうなのよ、あのばか外人。
cannoさんへ。 
> ポルトガルに台風が来ていたんですか!?文章や写真を見るだけでも、被害の凄さが伝わってきます。
 -ヨーロッパには台風が来ない(orない)のでお天気に名前がありませんでした、が台風のように強い雨と風、翌日は台風の目のような晴れ間が射したり・・ちょっと怖い感じでした。
> twopeasさん家族が無事で何よりです。
 -ご心配ありがとうございます。そうですよね、自然の力って恐ろしい。
> 私の実家、実は福島なんです。あの日、お腹にデニスがいて、ちょうど妊娠報告で日本に帰ってたんです。
 -福島にいらしたんですか。それは怖い思いをされたのでは。。。(私達は札幌で)テレビで映像を見るたびにその恐怖というのは伝わってきました。自然には逆らえないってつくづく感じたことでした。ご無事でなによりでした。

> 無知って、ある意味コワイですね。。笑
 -やっぱり外国人って同じような感覚・・なのね(失礼だったらごめんなさい。)。そうなんです、色々と注意しても話を大きくしてるだろうとか余り親身じゃないのが。。。困ったものです。
 
文章と写真でその被害の凄さがわかったと同時に
twopeasさん家族が何ともなくてホッとしています。

自分もフィリピンでは2度大きな台風に遭っていて
8日間電気も水もない生活を体験しました。
その時は自然の恐ろしさを痛感しましたが
電気がなくても人間は生きられるけど
水がないと人間は生きられないというのを学び
その水は自然の恵みなんですよね。
zenさんへ。 
ご心配の言葉ありがとうございます。
zenさんのご家族・お友達のフィリピンでの状況と比べたら小さな大風でしたが・・
小さいなりにも被害を受けられた方々もおり復興を目指すお気持ちはみな同じなのかもしれません。

> 8日間電気も水もない生活を体験しました。
 -8日間ですか?!それは長い間・・想像がつき難いですがえらい大変をされたのでは。
 -そうですね、大切なのは水なんですね。仰る通り被害をもたらすのが水であれば、その水が人間には必要なんですね。皮肉です。。。
 
Twopears さんのところは停電だったのですね。。。大変だったでしょう。私たちの生活がいかに電気に頼っているか身に染みてわかりますよね;; もう不自由なく生活できていますでしょうか。
ひとみんさんへ。 
ありがとうございます。お陰さまで土曜の日中だけでした。息子が少し心配そうにしていたので精神的に大丈夫かなぁとそっちが心配だったりしました。
あとは雨さえ止んでくれたら・・ですね。

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Current Time in Portugal
Weather Today
Profile

twopeasinapod

Author:twopeasinapod
太陽さんさん・突風ときどき・毎日荒波のシルバーコーストでだいすきなsonとfiancéとのんびり気まま・・・なポルトガル生活を送っています。 

Visitors
Thanks for your visit.
Flag Counter
Search
fc2 Blog rankings
Sweet & Spicy -in ポルトガル
BlogMURA rankings
ポルトガル
Twitter(日本語)で「ポルトガル」が話題になったツイートをピックアップしています。

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。