Sweet & Spicy  -in ポルトガル

だいすきなポルトガル生活 家族3人 頑固一徹イギリス流に生きる


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガルの中古物件

ポルトガルにも夜逃げやさんはいる。夜逃げを手伝う人ではなく 夜逃げをする人。
我が家のご近所でここ1年ほどの間に どことやらへ姿を消したお宅があり その事実を知った。

ここは小さな村であり それはもう村中に知れ渡る 村中で色々な噂話がある。
「事業が失敗しデキた女とその女の地元ブラジルへ行った」「元にょうぼを殺して逃げた」噂はうわさを呼んでいる。


そんな空き家はこのたび競売にかけられるようだ。日本である競売と似ている。
日本で競売で家を落とすと言ったら 縁起がよくないとかとても暗いイメージがあるように思える。

札幌生活中 外国人と(成人してからは外国生活の)私にとっては 日本の競売のサイト観覧は私達の楽しみだった。 
日本の競売には 外国人向けに英語のビジネスサイトもあるほどで 外国人(英・米人)にとっては
高い日本の物件が手に入るオパチュニティ つまり=好機 でしかないとも言える。
また日本でローンを組むことはとても大変で超破格値 = 現金払いが可能 なのも理由の1つかもしれない。

田舎の古民家風の素敵な家や 経営不振がもとであろう立派な旅館など 買う目的はなかったけれど
太平洋が望める幡多の土地に大きな物件が出ていた時は喉から手がでるほど欲しかった。




今回の競売サイトをのぞきみしてみると ここフィゲイラには結構な数の競売物件があることを知った。
その競売物件とは築年数も浅く モダンなアパートメントや新築の団地が並ぶエリアなど
働くカップルや若いファミリー向きの素敵なところが多かった。やはりこの街ではお金はまわらないんだろうと思う。


どれも入札開始価格は破格と言っていいが ここ数年のフィゲイラの観光を目の当たりにしている私達から見ると
こんな破格値で終わるとは思えない。 どの物件も きっとその3倍も5倍にもなると思う。

フィゲイラはポルトとリズボンのちょうど中間地点という好立地条件もあり夏のバカンス用アパートとして
またアパート管理を副業としている人たちにも人気がある。



購入にあたって: イギリスの住宅は石造りのため 古ければ古いほど価値がでるものもありますが
ポルトガルの住宅はコンクリートです。気候の関係と古い家は通気の悪いものが多く
中古住宅の状態がよく お手軽価格な住宅はそれほど簡単にはみつからないと思います。
がしかし お金持ちやギャンブラーにとっては 不景気である今が買い時であるというのも事実です。
 
(好きなことだとやたらに気合が入って長々とダラダラ書いてしまいました。最後まで読んでくれてありがとう。)
スポンサーサイト

Comments

おはようございます  
時間がかかりますがオークションは好きで 行く機会があると
出向くことです
家のオークションにも いったことがありますが
値段がするだけに
見ているだけの私まで ドキドキしてしまいます

家を持つことは アメリカでは投資になりますが
この数年は 値も落ち気味のように聞きます
そのぶん 買う側にはチャンスですが、
はちきんイジーさんへ。 
アメリカのオークションにはたくさんの色々なものがありそうで想像するだけでも私までドキドキしてしまいます。

> 家を持つことは アメリカでは投資になりますが
 -イギリスでも同じです。なので本職にしている人もいます。

> この数年は 値も落ち気味のように聞きます
 -こちらヨーロッパも同じです。

イジーさん宅らしきお庭をケイズのブログで拝見しましたがものすごくお庭(というより牧場?)が広いのですね。さずがアメリカ!お庭が広くてお隣の家まで車利用、なんていうのが我が家のドリームホームです♪
 
私は京都の町家に興味があって、買う予定もないのにときどき物件見ては「いいな~」と思ったりしてますよw

その競売サイト、もし差支えがありませんでしたら教えてくれませんか?ビラレアルのが見てみたいのですが。。。フィゲイラあたりのみでしょうか?
ひとみんさんへ。 
サイトはeuroestates.ptでご覧になれると思います。ちなみにこの競売は9月15日にポルトとフランスで同時開催されるようです。お返事兼ご連絡が遅くなってごめんなさい。

京都の町家、素敵ですね。私達も古民家風とかやはり日本建築ならではの物件に目がいきます♪
 
夫と、ポルトガルに住むとしたらどんな家がいい?って話を時々します。夫は田舎のキンタ風が良いそうで、私はシントラのお屋敷風に憧れてます。
やはりコンクリート造りの家って通気が悪いんですね。8月の旅行中、夜中に熱中症になったのがそんな建物でした。
私達夫婦は2年ほど前まで築100年くらいの日本家屋に住んでましたが、良い所、大変な所、色々体験しました。厳しかったのは冬の隙間風と夏場に侵入してくる虫ですね。古い木の、柱や廊下の感触や、土壁のお風呂場が大好きでした。
スノホワさんへ。 
キンタ風って何?日本語?なんてバカなことに今の今まで気づきませんでした(笑)quintaですね。我が家も今よりもど田舎の隣人のない土地に憧れたり・・です。
あ、でもお屋敷風のおうちを買われたら絶対楽しそう!子供のバースデーパーティに家の中で迷路とかもできそうだし、いいなぁ。つでにオ○ケも一緒についてきちゃったりして?!
古い建物には味がありいいですがハイメンテナスなところがツライですよね。




« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Current Time in Portugal
Weather Today
Profile

twopeasinapod

Author:twopeasinapod
太陽さんさん・突風ときどき・毎日荒波のシルバーコーストでだいすきなsonとfiancéとのんびり気まま・・・なポルトガル生活を送っています。 

Visitors
Thanks for your visit.
Flag Counter
Search
fc2 Blog rankings
Sweet & Spicy -in ポルトガル
BlogMURA rankings
ポルトガル
Twitter(日本語)で「ポルトガル」が話題になったツイートをピックアップしています。

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。